京橋

京橋

大阪は東京に負けずとも劣らない、日本の経済の中心的な存在です。
特に大阪は商売の街とも言われますので、商売に関して積極的な土地柄だといえます。
そんな大阪の経済を支えているのは企業づとめのサラリーマンたちです。
大阪は全都道府県の中で3番目にサラリーマンが多く、20万人以上が働いていると言われています。

大阪の中でも特にサラリーマンが多い街が京橋です。
京橋は大阪城の近く、大阪の東側に位置しています。
JR線と京阪線、地下鉄の連絡駅なので利用者が多く、京橋駅の利用者数は一日あたり50万人を超えると言われています。
特にサラリーマンの帰宅ラッシュ時の乗車数は凄まじく、電車が満員過ぎて乗れなくなっている光景がよく見られます。
利用者が多いので、駅周辺は非常に賑やかです。キタやミナミほどではありませんが、京橋も大阪有数の繁華街として数えられるようになり、
今や多くの人に愛される街になっています。

京橋は特にサラリーマンが多いので、サラリーマンをターゲットにしたお店がたくさんあります。
お昼時に利用される定食屋や、仕事後の憩いの場になる居酒屋が非常に多いです。
これらのお店は安価で量が多いことが特徴で、お小遣い制のサラリーマンのためのお店だといえます。
大阪らしいサバサバした感じも楽しめますので、大阪の食文化を楽しみたい方にはオススメです。

京橋には食事以外にもサラリーマンの癒しになるものがたくさんあります。
その象徴として有名なのは、やはり「グランシャトー京橋」でしょう。
グランシャトーはテレビCMで一躍有名になった総合娯楽施設です。
パチンコやサウナ、キャバレーなど男性の娯楽を詰め込んだ夢の様なビルでしたが、残念なことに人気にキャバレーや中華料理店は撤退してしまっています。
もちろん今もビル自体は残っており、中にはパチンコ店やサウナが営業しています。
そのハイカラな外観から、日本が最も元気だった時代を思い出すことができるでしょう。

グランシャトーのキャバレーはなくなっても、京橋には男性を癒やす風俗店がたくさん存在します。
仕事帰りにふらっと立ち寄るサラリーマンも多く、風俗街になっている駅に西側はサラリーマンにとってオアシスのようなものです。
京橋では短時間かつ低価格で満足できるピンサロが非常に人気です。
周辺にはラブホテルも多いので、ホテヘルなども非常に盛んなジャンルだといえますね。
キタやミナミとはまた違った空気の風俗街が楽しめますので、大阪に来た際は少し方向を変えて京橋で夜遊びするのはいかがですか?