日本橋

日本橋

大阪の日本橋は、ミナミエリアの直ぐ側にある繁華街です。
なんばに隣接していますので、難波から歩いて行く事も可能です。
日本橋は心斎橋やなんばとは全く異なる魅力を持った街なので、観光地としても非常に人気が高い街だといえます。

日本橋は昔から電気街として有名です。
元は大阪最大のスラム街だった地域だった日本橋ですが、第二次世界大戦後にラジオパーツを扱うお店ができたことから
電気街として栄えました。
今でも使われる「でんでんタウン」という名前は電気街としての日本橋の愛称です。
ただ梅田のヨドバシカメラや、千日前のビッグカメラなど、大型の家電量販店が登場してからは、日本橋の電気街としての
顔はどんどん衰退していきます。

電気街の代わりに日本橋の代名詞になったのがオタロードです。
オタロードとは、アニメグッズ店やコスプレ店が立ち並ぶ通りで、東京で言う秋葉原のような存在です。
オタロードはアニメファンやコスプレファンで非常に盛り上がっており、毎日多くの人が訪れます。
中でも毎年開催されている大阪最大のコスプレイベント「日本橋ストリートフェスタ」では、約25万人の人が訪れています。
今や日本橋ではアニメ産業が最も有名で、クールジャパンの影響もあり、外国人観光客も数多く訪れるようになっています。
日本橋の経済を支えているのはアニメ産業と行っても過言ではないでしょう。

日本橋ではアニメの街ならではの手法で男性を楽しませるお店もたくさんあります。
代表的なものがメイド喫茶です。
秋葉原でメイドカフェが大人気になっているように、日本橋でもメイドカフェは圧倒的な人気を誇ります。
オタロードの周辺ではメイド服の女性が客引きを行っていますので、メイド喫茶を見つけるのは非常に簡単です。
今や日本橋の名物にもなっていますので、アニメが好きな方は客引きについていくと良いでしょう。

メイドが活躍するのはメイド喫茶だけではなく、風俗店でも同じです。
日本橋にはアニメの街の名に恥じない、コスプレ系のお店が非常に増えています。
本来コスプレは有料オプションの場合が多いのですが、日本橋の風俗店ではデフォルトのオプションになっている場合が多いです。
楽しめるコスプレはメイド服だけではなく、制服や体操服などにマニアックなフェチ系の物や、
有名なアニメのコスプレ衣装など、選べる幅はかなり広くなっています。
特にアニメ系のコスプレは大阪でも日本橋でしか楽しめませんので、アニメ好きな方はぜひ日本橋の風俗店にチャレンジしてみてください。