ロイヤルガーデン

ロイヤルガーデン

昔は珍しかった昼キャバというジャンルですが、今の大阪ではどんどんメジャーになりつつあります。
特にキャバクラの多い十三の街では、昼キャバの数がどんどん増えてきました。
「ロイヤルガーデン」もそんな昼キャバの1つです。

ロイヤルガーデンは阪急電車の十三駅から徒歩5分程度の距離にありますので、アクセスは良好です。
梅田駅からも近いので、昼間からキャバクラを楽しみたい方は十三に来ると良いでしょう。
ロイヤルガーデンは昼の2時から夕方7時までが昼の時間、それ以降が夜の時間といった感じに分かれています。
昼の料金の方が安いので、お得に利用したい場合は昼に行くと良いでしょう。
昼の時間しか出勤しない女の子や、昼から夜まで通しで働く女の子もいますので、昼と夜で異なる楽しみ方ができます。
昼と夜を両方行けば、いつまでも飽きることなく楽しめるでしょう。

昼キャバは大阪のサラリーマンにこよなく愛されています。
サラリーマンにとってキャバクラは楽しい場所ですが、料金が高く付きますし、翌日の仕事に響く場合があります。
しかし昼キャバなら安く楽しめますし、外回りのサボり場所としてもピッタリです。
もちろんお酒は飲めませんが、その分女のことはゆっくり話すことができます。
夜のキャバクラよりも静かなムードで楽しめますので、女の子との会話を楽しみたい方には昼キャバの方がいいかもしれません。
ロイヤルガーデンでもサラリーマンの利用者は非常に多く、烏龍茶を飲みながら女の子との会話を楽しんでいる光景が頻繁に見られます。

こういった昼キャバ活用術も大阪ならではのものなので、お昼から女の子と遊びたくなった方はぜひとも十三のロイヤルガーデンを訪ねてみてください。